メラトニンで快眠|目指せストレスFREEの安定生活

20代から低下するメラトニンの重要性を説明します。

メラトニンの分泌について

毎日気持ちよく眠れている人もあれば、あまり眠れずに悩まれている人もまたいらっしゃるものです。
良く眠れた日は疲れも取れ、気分もすっきりしますが、逆の場合は疲れも残り、頭もすっきりせず、仕事などにも影響が出てしまうことも少なくありません。
睡眠が不足してしまう原因は人それぞれ違いますが、不眠になってしまう原因のひとつにメラトニンの不足があげられます。
メラトニンは脳の松果体から分泌されているホルモンで体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替え、自然な眠りにさそってくれる働きがあるとのことです。
それゆえに夜にはこのホルモンはしっかり分泌されるようにしておきたいですが、何らかの原因で十分に分泌されないこともあり、不眠につながってしまうこともあります。
そして不眠を改善し良い睡眠を得られるようになるためには、その原因を知っておきたいものです。
メラトニンが不足してしまう原因のひとつとしては、ブルーライトの影響があげられます。
今の時代はパソコンやスマートフォン、ゲーム機器などの利用は当たり前の時代となっていますが、若い世代では寝る前までパソコンやスマートフォンをいじっているということは少なくありません。
そして、これらの画面からはブルーライトが多く出ており、夜遅くまでブルーライトを浴びていると脳は朝だと判断してしまい、睡眠をつかさどるメラトニンの分泌が抑えられてしまい、覚醒し眠れなくなることにつながってしまいます。
そして遅くまでブルーライトを浴びていることは体内時計を狂わせてしまうことにもつながり、睡眠だけではなく、病気になりやすくなるなど体調に変化が出てしまう場合もありますので、やはり改善はしておきたいものです。
安眠のためにはブルーライトの刺激を抑えることが大切となりますので、夜はできるだけ早くパソコンやスマートフォンの電源は切るようにしたいですし、テレビからもやはりブルーライトは出ていますので、こちらも早めに電源を切り、寝る前はできるだけリラックスできる状態を整えておきましょう。
そして仕事などでどうしても夜遅くまでパソコンを使わなくてはいけないこともありますが、こういった場合もブルーライトに対策し眼鏡なども販売されていますので、かなり目に入るブルーライトを減少させられますので、利用しておきたいものです。
眠れない夜などはつい眠気が差すまでとベッドに携帯電話やスマートフォンを持ち込んだりしがちですが、こうした行動はさらにメラトニンの分泌を抑え、不眠の症状を出しやすくなってしまいますので避けるようにしましょう。