メラトニンで快眠|目指せストレスFREEの安定生活

20代から低下するメラトニンの重要性を説明します。

メラトニンの色々な効能

生活習慣病にも様々な種類がありますが、糖尿病も多くの人が悩んでいる症状です。
糖尿病は常に血糖値が高くなる病気で、初期の頃はこれといった症状が出ませんが、悪化してくると、喉の渇きや夜間頻尿、倦怠感、食べているのにやせるなど様々な症状が起こり、重大な合併症を引き起こすこともあります。
病気になってしまう原因はブドウ糖をコントロールしているホルモンであるインスリンが十分に分泌されていない、分泌されているのに十分に働かないなどがあげられ、食事や運動の影響も大きいと言われている病気です。
最近は大人ばかりではなく、子どもにも増えている病気で、子どもも気をつける必要があります。
一度こうした病気になってしまうと、もとの健康な体に戻すのは難しいですが、まだ予備軍と呼ばれる間は改善の見込みがありますので、日頃から食事や運動などには気をつけて、健康診断も定期的に受けしっかり予防していきたいものです。
そして、糖尿病になってしまう原因のひとつにメラトニン不足もあげられるとされています。
メラトニンは体内時計をつかさどるホルモンで快適な睡眠には欠かせない存在です。
脳の松果体というところから分泌されており、暗い場所で睡眠しているときに多く分泌され、明るい日中にはほとんど分泌されないとされています。
そしてこのホルモンが不足してしまうと不眠につながるといわれており、不眠症の改善には十分な分泌は欠かせないものです。
それから血糖値を下げるにはインスリンは欠かすことのできないホルモンとされていますが、インスリンを分泌している膵臓β細胞にもメラトニン受容体があるとのことで、メラトニンの低分泌が糖尿病に影響している可能性もあるとされています。
それゆえに改善のためにはこうした大切なホルモンは十分に分泌できる状態にしておく必要があると言えるでしょう。
そして睡眠不足は代謝を悪くして肥満にもつながりやすいですし、インスリンの感度も悪くなり、糖尿病にはやはり悪いと言えます。
それゆえに健康な体を取り戻すためには食事のコントロールや運動で血糖値を改善していくのはもちろん、メラトニンの分泌をしっかり行えるよう努力していくことも大事です。
トリプトファンをしっかり摂ることも大切で、この成分は様々な食品に含まれているので、積極的に取りいれてきたいですし、就寝前にパソコンやスマートフォンなどのブルーライトを浴びることも分泌を抑えてしまうとのことですので、早めに電源を切るなどの努力もあわせて行っていきたいものです。