メラトニンで快眠|目指せストレスFREEの安定生活

20代から低下するメラトニンの重要性を説明します。

目指せ!ストレスFREE

メラトニンというホルモンは、人間にとって良い様々な作用を起こしてくれるので、今注目が集まっている成分になります。
始めは、老化防止などにも役立つということで、アメリカではサプリメントとして販売がされて人気を集めていました。
しかし臨床実験を通してもこの他にもガンの副作用を抑えたり、今ガンの方でなくても服用することで予防ができることなども分かってきているのです。
このメラトニンは様々な部分と関係を持っているのです。
メラトニンというホルモンは、そのまま分泌されて終わりではありません。
分泌をした後に最終的に分解を行ってくれて、その働きを高めてくれる場所が肝臓になります。
肝臓で分解をされることによって、体全身の大切な部分に行き渡ります。
例えば、唾液から胆汁、子供を産む時に大切な胎盤も通過するようになるのです。
このように肝臓は、働きを助けてくれて密接に関わってくれています。
このホルモンは、元々は体内時計を調節するホルモンとして知られているだけでした。
しかし、研究が進められているうちに若返りや、ガンなどの予防、ストレスなどにも作用することがわかってきました。
体というのはすべてが繋がっていますので、この肝臓で分解されたホルモンが様々な臓器や血液中に行き渡ることで体内時計だけではなく良い効果をもたらしてくれているのです。
ガンの化学療法の時にも役に立っていて、患者の生きる能力を伸ばしてくれることもわかっています。
化学療法だけを行った患者に比べて、このメラトニンを一緒に摂取した患者は、ガン治療などの場合には5年以上も寿命がアップしているのです。
これは、肝臓や腎臓などへの毒性を予防してくれているためで、ガンになった後にも治療で利用をすることで役立っています。
非常に毒性が高いものと併用をして服用する時には、気を付けなければいけない部分も多いのですが、ここは医師と相談を行いながら服用すると安心です。
このホルモンが体内で作られる場合には、肝臓で作られる訳ではないので、一見は関係のないように思えますが、実は大きく深く関わっているのです。
肝臓でしっかりと分解をされて体中に成分が行き届くので、効果を実感することができます。
メラトニンは肝臓とも関わりを持っていますが、ガンや若返りなど私達にとっては嬉しい効果も期待ができるホルモンということが分かっています。
特にガンなどの病気で悩んでいる方は、このような結果があるということも覚えておいて下さい。